銀行系カードローンの審査基準について調べました。

MENU

銀行系カードローンの審査基準について調べました。

 

 

銀行系カードローンの魅力は何と言っても金利が安いことではないでしょうか?
金利が低ければ返済時の利息負担も少なくて済みます。
誰だって余計なお金は払いたくないと思うでしょうから、必然的に金利の安いカードローンの利用を希望することでしょう。

 

しかし銀行系カードローンは借りたいと思って簡単に借りれるわけではありません。
審査があるからというのは勿論ですが、その基準が消費者金融や信販会社よりも厳しいのです。
融資の審査基準は金融機関や貸金業者によって異なり、その詳細は一切公開されていません。
融資条件こそあるものの何をどのようにして、どんな基準で審査しているのかを教えてしまえば皆それに合わせた対策を取ってしまうからです。

 

低金利でお金を借りたい人からすれば何が何でも銀行系カードローンを利用したいと思うところです。
審査が厳しいなら、審査が甘い銀行から借りれば良いんだと思う方も多いのではないでしょうか?
実際に審査の甘い銀行系カードローンはあるのでしょうか?

 

 

銀行のカードローンはどこも審査が厳しい

 

先ず結論から言いますと審査が甘いといわれるような銀行はありません。
返済能力のない人に貸し付けてしまえば当然貸しつけた分のお金が回収できず損してしまいます。
そのようなリスクを抑えるためにも審査は行われますし、より慎重に審査をする必要があります。

 

 

なぜ金利が低い銀行系カードローンと審査は厳しくなるの?

 

銀行は低金利で融資しているから審査が厳しいと言われることが多いです。
確かに金利が低いローンはどこも審査が厳しいように思えます。
では何故、金利が低いと審査が厳しくなるのでしょうか?

 

金利が安ければ銀行の利益は少なくなります。
これはカードローンに限った話ではなく、ローンの最大のリスクは回収不能になることです。
慎重に審査を行ない貸し付けしたとしても、借り手が延滞や自己破産すれば回収することができなくなります。
担保を設定していれば万が一返済できなかった時でも売却代金によって回収することが可能です。
しかしカードローンの場合は担保も保証人も不要ですからこのような代替措置が取れません。
銀行は、このようなリスクをある程度見越した上でお金を貸さなければいけません。

 

年間でいくらぐらいの回収不能分が発生するのか、それを織り込んだ上でマイナス分を補えるだけの利益を確保しなければいけません。
金利を高く設定すればマイナス分を補うことも比較的容易かもしれません。
しかし銀行は低金利であるがためにそう簡単にはいかないのです。
ですからいかにして回収不能を最小限に抑えられるかを突き詰める必要があります。
その為には審査をより慎重に行い、確実に返済してくれるであろう人にしか貸し付けを行なわないようにしています。
銀行の審査が厳しい理由はここにあるのです。

 

 

銀行カードローンでも保証会社が消費者金融なら審査は緩い?

 

銀行の保証会社は消費者金融若しくは信販会社が殆どです。
消費者金融と聞くと審査に通りやすいイメージを持たれる方は多いのではないでしょうか?
つまり消費者金融が保証会社の銀行カードローンは、審査がゆるいから簡単に借りれると考えている方も恐らくいることでしょう。

 

これまでの銀行は住宅ローンや自動車ローンなど担保のあるローンをメインに扱ってきました。
その為、無担保かつ短時間で審査を完了させる個人向けローンのノウハウが全くありませんでした。
需要があると分かっていても、個人向けローンに関するノウハウが無い為、自社のみで全ての手続をするのは困難です。
そこで個人向けローンを長年経験している消費者金融にその審査を任せているのです。

 

任せるといっても保証会社に一切合切押し付けるわけではなく、きちんと返済能力があり問題ないかをチェックさせます。
委任するからにはそれ相当のお金を支払っていますので、いい加減に審査してもらっては困るわけです。

 

保証会社となった消費者金融等は融資の審査をするだけが役割ではありません。
万が一債務者が返済不能になった時、保証会社が肩代わりして銀行に支払いをする役目も担っています。
つまり保証会社もリスクを抱えているため、それを出来るだけ最小限に抑えるためにも厳しく審査を行う必要があるのです。
ですから消費者金融が保証会社だから審査が甘いということは先ずあり得ないのです。
消費者金融といっても中小サラ金ではなく大手の消費者金融に依頼するのが殆どです。