学生でもキャッシングOKなカードローンはあるのかをご紹介していきます。

MENU

学生でもキャッシングOKなカードローンはある?

 

 

「学生はキャッシンでお金を借りることは出来ない。」...この様に思われている方は意外と多いのではないでしょうか?

 

確かに一昔前だと、融資を受けるのは難しかったかもしれませんが、今は学生でも気軽に利用できる金融機関・貸金業者が多くなりました。

 

金融機関が定める利用条件をきちんと満たしていれば学生でもキャッシングは可能です。

 

 

バイトをしてれば20歳以上であれば学生も借入可能!

 

学生がキャッシングでお金を借りるためには、何よりも安定性が大切です。

 

借りたお金は利息を付けて返さなければいけませんので、本人に収入がないといけません。

 

審査では返済能力が充分かを見ますから、まずはアルバイトで定期的な収入を得ることです。

 

 

「アルバイトだと収入が少ないけど審査に通るの?」..なんて思うかもしれませんが、収入の金額よりも安定性が重要です。

 

また審査は単純に収入の大小で決められるものではなく、あらゆる情報をチェックし総合的に判断します。

 

ですからアルバイトであっても総合的に問題がなければお金を借りることは可能です。

 

 

安定性の指標となるのが勤続年数です。

 

一つの職場で長く働いていれば仕事も収入も安定していると見なされやすいです。

 

勤続年数は基本1年以上、短くても半年は必要です。

 

 

学生でアルバイトをしていれば誰でもお金を借りる事が出来るわけではありません。

 

基本的に18歳、19歳の未成年は申込不可となります。

 

中には未成年であっても親の同意があれば申し込み可能とするところもありますが、名前も聞いたことのない業者が殆どですので、あまりお勧めできません。

 

 

アルバイトをして収入があっても審査に通るか不安という方は、お試し診断をためしてみると良いでしょう。

 

大手の消費者金融や銀行カードローンで利用でき、簡単な入力項目で借りれる可能性があるかどうかが直ぐに分かります。

 

但し、あくまでも目安を知るためのものであり本審査を保証するものではありません。

 

 

ローンの審査では収入だけでなく信用情報も重要になってきます。

 

信用情報とはローンやクレジットカードの利用履歴のことを指します。

 

過去に返済を滞納していないか、他社借入れは何件あるか、今までどんなローンを利用していたかなどをチェックし融資判断の参考材料としています。

 

ローンやクレカを利用していないまっさらな状態のほうが審査には有利、と思う方も多いかもしれません。

 

しかしまっさらな状態は逆に判断が難しいのです。

 

もちろんローンやクレカを利用していないからといってマイナスになるわけではありませんが、プラスになることもありません。

 

 

そこで可能であればクレカを使って定期的に利用する事をオススメします。

 

定期的に利用し支払いもきちんと行えば、この情報が記録に残り審査時にプラスとなります。

 

但し滞納しては意味がありません。

 

むしろ審査に悪影響となりますので使い過ぎには要注意です。

 

 

ローンやクレカの滞納は審査に悪影響を与えるものです。

 

携帯電話やスマホを割賦払いで購入されている方が多いかと思いますが、実はこれも信用情報に記録されますので注意が必要です。

 

1ヶ月以上の滞納で信用情報に記録が残りますし、継続していると最悪の場合強制解約になることもあります。

 

滞納や強制解約の情報はかなりのマイナス評価ですから、審査に通ることは先ずありません。

 

滞納は絶対にしてはいけません。

 

 

カードローンに申込みする際に注意すべきことがいくつかあります。

 

当然ですが嘘の申告はしないことです。

 

審査に通りたいがために収入額をごまかしたり年齢を偽ったりする方が稀にいらっしゃいます。

 

嘘の度合いが悪質だと判断されれば即刻審査落ちとなりますので、申告は正直に行ないましょう。

 

 

消費者金融やクレジットカードは総量規制の対象です。

 

個人が借り入れできる金額は年収の3分の1までとなりますが、学生の場合は多くても10万円程度になることが殆どです。

 

学生は社会人に比べ安定していませんので仕方のないことではありますね。

 

いずれの業者も、学生に対して融資限度額に一定の制限を設けていて極度額まで利用することはできないようにしています。

 

 

学生でもカードローンでキャッシングは可能ですが、中には申込不可とするところもあります。

 

特に銀行は学生お断りのところが多い上に、審査が厳しいですから借りたいと思っても断られることが殆どです。

 

大手消費者金融なら比較的利用しやすいですからお勧めです。

 

 

カードローンの審査時には在籍確認が行われます。

 

基本的にバイト先に電話連絡ですが特にバレることはありません。

 

審査時には本人確認書類と収入証明書が必要になります。

 

書類に不備があると審査を受けられませんので、必要なものは必ず確認しておきましょう。

 

 

キャッシングはあくまでも借金です。

 

計画的に利用しないと苦しい思いをする羽目になりますの注意が必要です。

 

毎月の返済はいくらになるのか、返済日はいつなのか、総額はいくらなのか、利息総額はどれぐらいになるのか、利用する前にしっかりと把握しておくことが大切です。

 

金融機関のホームページで返済シュミレーションが利用できますので、活用しましょう。

 

シュミレーションをした上で厳しいと思えば無理に借入れはしないことです。

 

他の手立てを考えましょう。

 

 

お金が必要となってもいきなりカードローンで借りることは考えないことです。

 

安易なキャッシングは身を滅ぼし危険です。

 

キャッシングは最終手段と考え、お金に困ったときはまずは親や親戚に相談してみる、日雇いのアルバイトを探す、リサイクルショップで不要品を売るなどを優先的に行ないましょう。

 

それでもダメならキャッシングを検討してみるのが良いかと思います。


 

関連ページ

美容師のキャッシング
美容室・ヘアサロンで働いているアシスタント・スタイリストさんでも消費者金融・銀行のカードローンでお金を借りれるのかまとめてみた!