カードローンに申し込んだ時、審査結果がでるのはいつ?

MENU

カードローンに申し込んだ時、審査結果がでるまでの期間は?

 

キャッシングやカードローンに申し込む上で気になるのが審査です。
審査基準もそうですがどれくらいの時間がかかるのかも気になるところかと思います。
特に急いでいる方であれば出来るだけ早く審査結果を知りたいところでしょう。
今回はキャッシング・カードローンの審査時間について解説していきます。

 

 

カードローン審査の平均日数はどのくらい?

 

直ぐにでもお金を借りる必要があるという方にとって審査が完了するまでの時間はとても重要です。
結果を待っているだけの時間も惜しいですよね。
審査にかかる期間は各業者だったり申し込みの混雑状況によって変わってきますので、明確に答えることは出来ません。
そこで銀行と消費者金融のそれぞれの審査にかかる平均時間を紹介しますので、参考にしていただければと思います。

 

まずは銀行系カードローンです。
銀行の審査と聞くと時間がかかりそうなイメージが強いですが、最近は即日融資に対応した銀行も多くなってきていることもあり以前よりも対応が早くなってきています。
とは言え、まだまだ審査に時間がかかる銀行は多く、最短30分なんてところもあれば1週間以上かかるところもあります。
どの銀行がどのくらいの時間がかかるのか分からないと言う場合は、各銀行のホームページを見てみると良いです。
〇〇分といったように具体的な数字を記載しているところも多いですから、ある程度の目安値として参考になるでしょう。
また審査時間に自信のある銀行であれば即日審査OK、最短〇〇分で審査完了といったような謳い文句を堂々と宣伝しています。
但し無条件で即日審査してくれるわけではありません。
その日に審査してもらうにも時間が決められていますので、必ず確認しましょう。
銀行の審査平均時間は大体30分〜1週間と見ればよいかと思います。

 

次に消費者金融です。
消費者金融は金利が高いですがその分対応の速さを売りとしていますので、審査結果が分かるのも比較的速いところが多いです。
大手消費者金融なら最短30分なんてところもあり、スピーディーな対応を武器としています。
ですから即日で借りたいという場合は大手消費者金融を選ぶと間違いないかと思います。
パソコン、スマホ、携帯電話、電話、自動契約機、店頭窓口など申し込み方法が多彩なのも魅力で、自分にあった方法で申込みできます。
インターネットからの申し込みなら始めは機会が審査するので審査はより早くなります。

 

信販会社のカードローンを利用する人はあまり多くありませんが、参考までに紹介したいと思います。
信販会社でも即日審査してくれるところはありますが、基本的には時間がかかります。
平均で1日〜1週間前後と思ってよいでしょう。
信販系はカードローンというよりもクレジットカードに付帯されたキャッシング枠を利用するので、即日融資目的で利用する人が少ないです。
金利は消費者金融とさほど変わらないにも関わらず審査スピードは遅いです。
今日中にキャッシングしたいという急ぎの方は信販会社で申込みするのは避けたほうが良いかと思います。

 

 

なぜカードローンの審査は時間がかかるのか?

 

カーローンやキャッシングの審査は、手続の中で一番時間がかかると言われています。
ではなぜ審査に時間がかかるのでしょうか?

 

審査では、申込者が借りたお金をきちんと返済するだけの能力があるかどうか、この点を慎重に検証しているため時間がかかってしまうのです。
特にカードローンは担保も保証人も不要で借り入れできるので、貸金業者にとってはリスクが大きいといえます。
万が一返済不能になった場合、別の回収方法がありませんので貸倒れになる可能性が高いのです。
審査をいい加減に行ない返済能力が充分でない人に貸し付けてしまえば返済してもらえず、貸し付けたぶ丸々損してしまいます。
そうならないためにも、あらゆる角度から検証し融資判断を下しているのです。

 

銀行系カードローンは審査が厳しい上に時間がかかります。
待たされるだけ待たされて結局審査落ちとなれば、再度他の金融機関に申込みしなければいけませんので余計に時間がかかってしまいます。
とにかく急いでいるという方は審査透過率の高い業者のカードローンに申し込むと良いでしょう。