カードローンの審査で嘘をついたらバレてしまうのかまとめてみた。

MENU

カードローンの審査で嘘をついたらどうなる?バレてしまう?

 

当たり前のことですが、消費者金融や銀行などのカードローンというのは、他人に融資をするワケですから、事前に必ず審査が行われます。

 

この審査によって、返済能力に問題無いと判断されることでお金を借りることが出来ます。

 

どのカードローンも審査は非常に慎重に行っており、いい加減な審査で簡単に誰でもキャッシング出来るようなところはありません。

 

つまり何かしらの理由によって、審査で融資を断られてしまう方も大勢いるワケです。

 

そこでそのような方は「審査に通過出来そうも無いから他社借り入れは無いとウソの申告をしよう」とか「年収額を多めに書いちゃおう」などと、嘘の申込書を作成する方がいらっしゃるようです。

 

このような嘘をついたとしても、消費者金融や銀行などの審査でバレないのでしょうか?

 

ハッキリ書かせていただきますが、どのようなウソをついたとしても、それは必ずバレることになります。

 

例えば他社借入額については、個人信用情報機関のデータベースに全て記録されているため、1円単位で簡単に借り入れ額がバレるのです。

 

個人信用情報機関には借り入れ額の他にも、過去の返済状況や債務整理などの金融事故情報もしっかりと記録されているため、万が一ブラックの状態ですと一定期間お金の借り入れが出来なくなります。

 

そして年収額や勤続年数などについてですが、こちらは個人信用情報機関ではなく収入証明書の提示を求められればその場ですぐにバレてしまいます。

 

また勤務先についても、カードローンでは必ず在籍確認電話を行っていますので、これによりバレることとなります。

 

中にはアリバイ会社などに依頼し、存在していない会社の連絡先でキャッシングの申込みをされる方がいらっしゃるようですが、それは完全な違法行為ですので絶対に止めてください。

 

このように消費者金融や銀行系カードローンの申込みで何かしらの嘘をついたとしても、バレないことはありえませんので、必ず正しい情報を提示するようにしましょう。