キャッシングを利用していて、増額したい時どうすればいい?

MENU

キャッシングを利用していて、増額したい場合の手続きや審査は?

キャッシングに申し込みしたら、予想以上に限度額が少なく不満に思っている方は多いのではないでしょうか?
自分が希望する金額が設定されたのであればまだしも、希望する金額すら借りれなければ限度額を上げたいと思うところでしょう。

 

キャッシングで初回に設定された限度額は増額することが可能です。
但し希望すれば簡単に上限金額を上げてくれるわけではなく、増額するための審査をクリアしなければいけません。
しかも増額の審査は初回契約時の審査よりも厳しくなりますので、そう簡単に上限金額を上げることは出来ないのです。

 

増額するにもある程度の利用期間が必要となります。
利用実績によって増額するかどうか決めるため、契約して直ぐに増額といったことは出来ません。

 

また増額は10万円単位でされるのが基本です。
いきなり高額な限度額を設定されることはなく、段階的に増えていくと思ってください。

 

■まずは利用状況をチェック

 

限度額を上げたいのであれば、いきなり増枠の申し込みをするのではなく、まずはこれまでの利用状況をチェックしましょう。
増額の審査では、契約から今に至るまでの利用状況をチェックし、最終的に増額可能かどうかを決定します。
期間は各社異なりますが、目安は半年です。
契約から半年間の利用状況をチェックします。
チェックすべきは、期日通りの返済ができているか、他社借入が増えていないか、個人情報に変更はないかです。

 

期日通りに返済すると言うことは、決められた約束を守れる、つまりは信用できる人と言えます。
一見当たり前のこと用に思えますが、それすらも出来ない人は多いです。
最低限のルールすら守れなければ信用に値しないのは言うまでもありません。
カードローンは信用の上で成り立つ契約ですから、信用出来ない人には増額することはないのです。
因みに一度でも返済期日を過ぎてしまうとアウトです。
仮に期日の次の日に返済できたとしてもほぼ無理だと思ったほうが良いです。
増額はそれぐらいシビアですので、今後増額を考えている方は必ず期日を守って返済しましょう。
どうしても期日によりも遅れる場合は、早めにキャッシング会社に連絡しましょう。
もちろん連絡したからといっても遅延は遅延ですから、増額審査に落ちる可能性が高いことには変わりはありません。
しかしきちんと連絡を入れるのと入れないのとではキャッシング会社が受ける印象は違います。
場合によっては、増額の可能性も未だあるかもしれませんから、とにかく連絡は早めに入れるようにしましょう。

 

増額を希望するキャッシング会社のカードローンで返済日を守れていても、他のローンやクレジットで遅延していては意味がありません。
増額の審査では、自社だけでなく他社の利用状況も必ずチェックしています。
これは利用者がキャッシング会社に申告しなくても、信用情報機関を通じて紹介してもらえば直ぐに分かることなのです。
因みに増額の審査時には、他社借入状況をかならず聞かれます。
その際にウソを付くようなことは絶対にしないことです。
上述したように、信用情報機関にて調べれば他社借入状況はすぐに分かりますので、嘘をついたことがバレれば信用をなくし増額の審査に落ちるどころか減額される可能性もあります。

 

カードローンでは返済能力が非常に重要となります。
返済能力に見合わない貸し付けをキャッシング会社はしません。
ですから他社借入があると返済能力に疑いをかけられ、増額してもらえないかもしれませんので気を付けましょう。

 

意外と見落としがちなのですが、申し込み時に申告した情報に変更が出た場合はかならず届け出なければいけません。
と言うのも、審査では申告された情報を元に融資判断を下しているからです。
特に注意したいのが連絡先の変更です。
キャッシング会社が1番嫌うのが音信不通になることです。
本人と連絡が取れないとなれば当然信用問題に関わりますから、増額どころではありません。
もしも連絡が取れないとなると借りているお金を全額返済することになる可能性も有りますので、注意しましょう。

 

■増枠の案内

 

増枠の申し込みの目安は契約から半年と説明しましたが、そうは言っても本当に増額できるのか不安という方も多いのではないでしょうか?
自分で利用状況をチェックして大丈夫と思っても、いざ申し込んだら断られた、それどころか減額になってしまうことだってあります。
このようなリスクを考えると自分から増枠の申込みするのはなかなか勇気がいることのようにも思えますよね。

 

実はキャッシング会社によっては、増額できる可能性がある場合に案内をしてくれます。
キャッシング会社は定期的に利用者の限度額等を見なおししています。
そこで「この人は利用状況が良好だから増額しても大丈夫」と判断すると、キャッシング会社の方から増額案内が届くことがあるのです。
キャッシング会社自ら増額の案内が来るということは、可能性大と思ってよいです。
ある程度審査が済んだ状態で案内してきていますので、この状態であれば増額はほぼ間違いないでしょう。

 

■急いでいるなら他社で借りるのも一つの手

 

急ぎでお金が必要といった理由で増額する場合は、新規でカードローンに申し込むのも一つの手です。
既に説明したように増額するための条件は厳しいですし、ある程度の期間が必要です。
場合に寄っては半年未満で増額に申し込むことだってあるかもしれません。

 

そのような場合は、増額ではなく他社で新たにお金を借りる方が確実かもしれません。
新規契約の審査は増額ほど厳しくありませんので、借りれる可能性は十分にあるのではないでしょうか?