消費者金融の審査をうける際、在籍確認の電話なしで借りれる金融をまとめてみた。

MENU

消費者金融の審査をうける際、在籍確認の電話なしなのはどこ?

 

カードローンなどキャッシングの申し込みをする際に勤務先を必ず申告します。
審査では申し込み者が申告の勤務先に本当に勤めているのかを確認するために行われるのが在籍確認です。
消費者金融などからお金を借りること事態は別に悪いことではありませんが、できれば勤務先の職場の人に借金していることを知られるのは避けたいところです。
仕事場で変な噂なんて流れてしまえば職場に居づらくなってしまう、それだけは避けたいところです。
とは言え、在籍確認の電話で消費者金融から借金していることがバレルことはまずありません。

 

ですが仕事場に電話をかけられるのは聞いていてあまり気持ちの良いものではありません。
またそれだけでなく、電話する日が会社の休みだった場合誰も対応できず審査落ちの可能性もあります。
このような事態を避けるためにも在籍確認の電話なしでキャッシングする方法はあるのか、解説していきたいと思います。

 

 

在籍確認の電話で聞かれる内容とは?

 

在籍確認は銀行でも消費者金融の融資でも関係なく行われるものです。
中には実際に勤務していない会社の情報を申告したり、退職した会社の情報を申告する方がいるので、電話連絡がこないと言う事はまずありません。
後述しますが在籍確認の電話なしで別の方法で対応してくれる場合もあります。
まずは在籍確認の電話の話の内容について触れていきたいと思います。

 

まず消費者金融の場合は担当者の個人名を名乗るのが一般的です。
会社名を出してしまえばかなりの確率で消費者金融からの電話ということがバレますので、消費者金融の場合は社名は一切伏せるようです。
「私高橋と申しますが、鈴木さんはいらっしゃいますか」と言った具合に、個人名だけを名乗ることが多いです・
銀行の場合は特に指定がない限りは銀行名を名乗ることがほとんどです。
銀行は個人への貸付業だけでなく預金や保険など他にも商品を扱っています。
その為銀行名を名乗ってもすぐに借金していると思われることはないからです。
もちろんそれでも嫌だという場合は個人名で電話してもらうことも可能です。

 

では在籍確認ではどのようなことが聞かれるのでしょうか?
これは本人が出た場合と本人が不在の場合に分かれます。

 

本人が出た場合は、担当者が「鈴木一郎様でしょうか」と聞いています。
申し込み者が「はい、そうです」と答えれば基本的に終了です。
業者に寄っては住所や生年月日を聞くところもあるみたいですが、基本的には上記のような感じであっさりと終わります。

 

本人が不在だった場合は勤務先の職員が「本日は休みです」と返答すればそれでお終わりです。
これ以上何かを問い詰めるようなことは基本的にしません。
要は申し込み者が申告した勤務先に在籍していることの確認が取れればそれで良いのです。

 

 

消費者金融やカードローン会社から家にも電話は来るの?

 

在籍確認の電話は何も勤務先だけではありません。
本人との確認の電話もされますので申し込み時に固定電話の番号を記入すれば当然固定電話へ連絡が来ます。
家族ばれしたくないという方は多いかと思いますので、この場合は申し込み時に固定電話ではなく自分の携帯電話の番号を申告するようにしましょう。
固定電話があったほうが審査には有利になりますが、携帯電話でも特に問題はありません。

 

 

在籍確認の電話がこないキャッシング会社はある?

 

上述したように在籍確認の電話で借金していることがバレル可能性は殆どありません。
ですがそれでも電話連絡がこないほうが良いと思う方はいるでしょう。
実は在籍確認を電話以外で対応してくれる場合があります。

 

その方法は職場に在籍していることを証明出来るものを提出するです。
在籍を証明できるものとは会社の社員証や保険証です。
これらをコピーなどして提出すれば、それで在籍確認OKとしてくれる業者がいくつかあります。
この方法は職場に電話してほしくない人だけでなく、会社が休みの日に申し込みをしてしまった場合にも有効ですよね。

 

電話以外で在籍確認をして貰う場合は申し込み前に必ずその旨を伝える必要があります。
すべての業者が上記の方法で対応してくれるわけではありません。
大手の消費者金融であれば可能な場合が多いですが、中小サラ金ですと電話以外は不可とするところも多いです。
前もって電話なしで在籍確認が可能かどうかを確認しましょう。
基本的には電話なしで対応してくれるところは少ないですから、あまり過度な期待はしないことですね。