カードローンのキャッシングで、限度額どう決まる?

MENU

カードローンのキャッシングで、限度額はどうやってきまる?

 

カードローンを利用するにあたり金利は勿論ですが、自分がいくらまで借りれるかを気にする方は多いのではないでしょうか?
出来れば高額融資を受けたいところですよね。
カードローンでキャッシングする時の初回限度額はいくらになるのか、説明していきたいと思います。

 

利用限度額は法律と審査によって決定されます。
消費者金融から借入れをする場合、利用限度額は年収の3分の1以下にならなければいけません。
例えば年収300万円の人であれば借入は最高で100万円までとなります。
年収によって利用限度額に限界がありますので、年収300万円の人が100万円以上借りたいと思っても法律によって借りることが出来ません。
但し銀行は総量規制の対象外ですから、100万円以上のお金を借りることも可能です。

 

では総量規制の範囲内なら自分が希望する金額で限度額を設定してもらえるのかといいますとそうではありません。
審査にて申込者の返済能力を総合的に判断し、「〇〇円までなら貸して大丈夫」といったように最終的な融資金額を審査で決定します。
年収300万円だけど他社から借り入れしていたり、返済能力がイマイチと判断されれば当然それに見合った金額でしか上限金額を設定されません。

 

有担保ローンであれば万が一利用者が返済不能で債権を回収できなくなりそうになっても、担保設定した不動産を売却することで債権回収が可能です。
しかしカードローンは担保も保証人も入りませんから、返済不能になった時債権を回収するための手立てが他にありません。
通常のローンよりもリスクが高いです。
その為出来るだけリスクを抑えるためにも初回の限度額は少額で設定し、その後の利用状況に応じて増額も検討するという方式を取っています。

 

初回限度額は業者ごとに異なります。
10万円しか借りれなかったという方がいる一方で、いきなり100万円借りれたなんて方もいます。
しかしどの業者も基本的には初回限度額は少額です。
信用がない状態でいきなり高額の貸付をするのはリスクが高いですから、始めは様子見で限度額を設定します。
金額にして10万円〜20万円、多くても30万円と思った良いでしょう。
50万円以上を設定してもらえることは非常に稀です。
よほど収入が良いなど返済能力が高い人でないと50万円以上の高額融資は受けられません。

 

限度額はその後の利用状況が良好であれば増額させることも可能です。
返済と借入れを繰り返し、信頼を積み上げていくことで限度額をUPさせられます。
但し返済は毎月期日を守って行なうことと、定期的に借入れをすることが重要となります。
1日でも返済日に遅れるとそれだけで増額の可能性は無くなりますので、かなりシビアです。
また返済だけすればよいわけではなく、定期的に借りることも忘れてはいけません。
貸金業者は長期的に利益が見込める顧客がほしいわけですから、たまに借り入れすることも重要です。

 

契約日から最低でも半年以上継続することで増額の可能性が出てきます。
業者によっては1年以上利用しないと増額できないところもあります。
期間に関しては明確に公表しているところがありませんので、コレばっかりはハッキリと言えません。
増額の可能性があれば業者側から案内が来ることが殆どです。
ですから案内が来ない内は増額は無理と思っておいたほうが良さそうです。