個人事業主でもカードローンで融資をうけれるのか調査してみた。

MENU

個人事業主でも、カードローンで融資をうけることは可能?

 

カードローンやキャッシングと聞きますと、一般的な企業や会社に勤めている人だけが利用出来るサービスだというイメージがありますが、決してそんなことはありません。

 

特に消費者金融は、その名称から正社員しかお金を借りることが出来ないと思ってしまうかもしれませんが、アルバイトやパート、そして自営業者や個人事業主なども融資対象にしています。

 

もちろん銀行系カードローンからの融資を受けることが出来ますので、もし個人事業主や自営業者で借り入れが必要でしたら、是非大手のカードローンへ融資の申し込みをしてみてください。

 

ただし注意するべきことがあります。

 

消費者金融や銀行系カードローンというのは、借り入れしたお金は基本的に使用用途自由ではありますが、原則禁止されている使用用途があります。

 

それが「事業資金」であり、社員への給料や設備投資、つなぎ資金といった事業性のある資金としての利用は出来ません。

 

プロミスなど一部の大手消費者金融を除き、殆ど事業資金としての利用は認められていませんのでご注意ください。

 

それでも申し込み時に生活費や旅行費、買い物費用などという名目で借り入れし、それを事業資金に回せば問題無いかと思います。

 

そしてもう一つ、会社員やアルバイトなどがお金を借りる時には、基本身分証明書一点のみでOKなのですが、個人事業主や自営業者の場合は、収入を証明するための書類の提示を求められます。

 

ですので、後になって慌ててしまわないためにも、予め確定申告書の写しなどの所得証明書を準備しておくようにしましょう。

 

もちろん条件を満たしていたとしても、個人信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまっていたり、複数社から既に多額のお金を借りていると審査で断られてしまうことも多くあります。

 

今現在、年商億単位の収益があったとしても、信用情報に傷がついている状態ではどこからも貸してもらえません。

 

また消費者金融の場合、総量規制の対象となるため、年収額の1/3を超える借り入れは出来ませんのでご注意ください。