消費者金融で、お金を低金利で借りれるところは?

MENU

消費者金融で、お金を低金利で借りれるところはどこでしょう?

 

カードローンを利用する上で金利を気にされる方は多いかと思います。
毎月の返済に元金と利息を支払わなければいけませんから、その分返済負担が大きくなります。
ですから出来ることなら利息が安いカードローンを利用したいと誰もが思うところでしょう。

 

消費者金融のカードローンは申し込みから融資実行までの対応が早いのが特徴です。
最短1時間で即日融資なんて業者もあるほどです。
銀行や信販会社のカードローンですと融資までに1週間以上かかるところも多いですから、消費者金融はかなり良心的です。

 

しかし消費者金融はその分金利が非常に高いです。
中小サラ金クラスですと法定利息の上限ギリギリで貸し付けるところが殆どですから、利息負担は中々のものです。
大手消費者金融なら中小サラ金に比べると金利はやや低めですが決して低金利とは言えません。

 

消費者金融は融資が早いけど金利が高いところが殆ど、だから低金利で融資してくれる消費者金融でお金を借りたい。
このように思う方が殆どではないでしょうか?
金利が安く、しかも融資実行までが早い、正に至れり尽くせりなカードローンと言えるでしょう。

 

しかし残念ながら低金利で貸し付けている消費者金融はありません。
銀行が低金利で融資できるのは、他にも儲けになる融資商品を沢山抱えているからです。
更には企業向けの融資商品も扱っていますから、低金利で貸し付けることが可能なのです。

 

コレに対し消費者金融は個人向けの融資商品のみを扱っている業者が殆どです。
どう頑張っても銀行ほどの利益を得ることは難しいですから、必然的にカードローンの金利は高く設定せざるを得ないのです。

 

カードローンの詳細欄には「4.5%〜17.8%」といったように金利が表記されていることが殆どですよね?
一見すると安い金利で借りれるとついつい下限金利の方ばかりに目がいってしまうものです。
しかし金利は利用限度額に応じて決まっているため、必ず希望する金利で借りれるわけではありません。

 

また利用限度額は申込者の返済能力によって決ます。
消費者金融の場合、初回から高額の借入れができるケースは殆どありません。
大体は10万円〜20万円程度からのスタートとなりますから、金利も必然的に高めの設定になります。

 

しかも消費者金融は総量規制が適用されますので、借り入れ可能な額は年収の3分の1までとなります。
消費者金融で、低金利で借りるには融資枠がかなり高額でないと無理ということになります。

 

初回契約時の融資枠が少なくても、その後の利用状況によっては融資枠を増枠してもらうことも可能です。
それに伴い交渉次第では金利を下げてもらうことも可能です。
ですから消費者金融で低金利でお金を借りたいという場合は、コツコツとまじめに返済を行ない利用実績を付けて増枠するのが一番かと思います。

 

融資枠の増枠と言っても簡単に出来るものではありません。
いくつポイントが有りますので解説していきますね。

 

増枠して低金利で借り入れするのであれば、借入先は1社に絞ることです。
もし他社からも借入している場合は、原則として1社にまとめましょう。
借入枠が複数社に分散されていると、総量規制の関係上融資限度額が小さくなってしまいます。
そうなれば当然適用される融資利率が高くなってしまいます。
他社からも借入している場合は、出来るだけ早めに完済させてしまいましょう。
また他社借入があると増枠の審査に通りにくくなるというのも理由です。
他社から借入しているのに増枠を希望すると返済能力を疑われてしまいます。
ですから借入先は1社だけに止めましょう。

 

クレジットカードを所有されている方は多いかと思います。
ご存知のようにクレカにはお金を借入が可能なキャッシング枠が付帯されています。
実はクレカのキャッシング枠も総量規制の対象となりますので注意しましょう。
複数お持ちの方も多いかと思いますが、その分融資枠を圧迫してしまいますので、使っていないのであればキャッシング枠は解約されることをオススメします。

 

最後にクレジットヒストリーを積むことです。
クレジットヒストリーとは過去に返済してきた履歴の事を指します。
期日通りに返済を続けていくことで返済実績が積まれていき、信頼してもらえるようになります。