キャバクラ嬢でも、キャッシングの審査は通るかまとめてみた。

MENU

キャバクラ嬢でも、キャッシングの審査を通過することはできる?

 

カードローンでお金を借りるには審査に通らなければいけません。
キャバクラ勤めや風俗嬢など水商売の方でも審査に通ることは可能なのでしょうか?
最近では積極的に貸付を行うカードローン業者多くなりましたが、水商売の方でもキャッシングの審査に通るためにはどんな条件があるのでしょうか?

 

水商売はローンの審査に通りにくいと言われることが多いです。
その理由は職業柄にあると考える方は今も多いのですが実際はそうではありません。
水商売といった夜の仕事は時給制ではなく歩合制で給料をもらうところが殆どです。
時給制に比べ収入を安定させるのは難しいのは言うまでもありません。
ローン業者は安定した継続収入がある方に融資をしたいと考えています。
収入が安定的であれば毎月滞り無く返済してもらえる可能性が高いからです。
ですからキャバクラ嬢など水商売の方でも収入が安定していれば審査に通る可能性はあると言ってよいでしょう。

 

審査では勤務年数も重要となります。
1つの職場に永く勤めていれば収入も安定していると見られやすいです。
とは言え何十年も勤務していないといけないという訳ではありません。。
最低でも1年以上の勤務年数があれば特に問題無いでしょう。
ですから日雇いのアルバイトですとキャッシング審査に通るのは難しくなります。

 

水商売をされている方がカードローンの審査で注意したいのが在籍確認です。
審査では申告された勤務先に在籍確認を取るため電話連絡が行われます。
基本的には本名で在籍確認を取りますので、従業員の方が源氏名しか知らない場合は在籍確認が取れません。
金融業者によっては源氏名で在籍確認してくれるところもありますので、事前に相談してみると良いでしょう。

 

水商売でカードローンに申し込みされる方の中にはアリバイ偽装会社を利用して勤務先を偽る方もいらっしゃいます。
アリバイ会社とは実態のないペーパーカンパニーを所有しており、その会社を利用して各種書類を発行している会社です。
あたかも健全な会社に勤務しているように見せかけ、審査通過しようとする魂胆です。
但しこのような行為は違法となりますので、絶対に手を出さないでください。
水商売であろうと安定収入があれば審査通過は可能です。
犯罪に手を染めてまで借金をしないことです。

 

既にローンを組まれている方やクレジットカードを所有されている方も多いかと思います。
該当する方は返済を遅延していないか確認してください。
ローンやクレカの借り入れや返済の利用履歴は記録として残されており、キャッシング業者はそれらの情報を知る事が出来ます。
万が一申し込み者に返済遅延がある事が発覚すれば審査に通過することはまず不可能といえます。
返済遅延や債務整理、強制解約などは事故情報として記録されマイナス評価となります。
この事故情報が残っている内は審査には通りませんので、もし事故情報がある場合は無理に申し込みしないことです。
申込んで審査落ちすればまたその情報も記録に残り、今後の審査においてより不利な状況を作ってしまいます。